住宅に必要な快適さを得るためにリフォームや掃除を行なう

きれいな換気扇にする

換気扇掃除業者の歴史と変遷について

換気扇はかつては「排気扇」と呼ばれていて、1920年ごろから使われています。 戦後になって、進駐軍向けや海外向けのものを販売していました、昭和30年ごろから換気扇と名前がかわり、昭和33年に公団住宅用のものが販売されて一般家庭にも普及が始まります。 熱交換形や天井埋込形、浴室用暖房換気乾燥機など時代にあわせて変遷していきます。 現在は、建材などから放出されている化学物質やエアコンの普及によって室内空気の汚れが原因のシックハウス症候群に対応して、住宅の24時間常時換気設備の設置が義務付けられています。 また、換気扇掃除業者の歴史はそれほど長くはありません。 室内の清掃を行ってくれるハウスクリーニングが始まったのは、30年ほど前で、その中のサービスの一つとして換気扇掃除も含まれるようになりました。

換気扇掃除のこれからの動向や予測

近年、換気扇掃除を専門とした業者が増えています。 利用しやすい価格に設定されていて、主に都市部を中心に増加しています。 換気扇掃除は自分でするとなるとかなり大変な作業になりますが、業者に依頼すればお金はかかっても綺麗になります。 女性や単身赴任の方でも、依頼が出来るので大変便利です。 増加の動向はこれから更に高くなると予測が付きますが、増えると選択する幅も増えて、良い業者か悪い業者かを判断していく必要もあります。 そのため、依頼する前にはインターネットなどの口コミや評価などを参考しながら、比較して見積もりを出してもらってから検討していくのが望ましいです。 換気扇自体も複雑なものもあるので、それに合わせて掃除業者は増えていくと考えられます。

Copyright (c) 2015 住宅に必要な快適さを得るためにリフォームや掃除を行なう all reserved.